外壁の塗装と陸屋根を遮熱塗料の塗装をお願いした。

外壁が痛んできたのと、火災保険から埼玉県以外に塗装して10年が経過したので塗装店にALCの外壁塗装をお願いしました。それと家の屋根は陸屋根になっており夏になると2階が蒸し暑くなるのでそれをどうにか出来ないかと相談すると遮熱塗料の塗装を陸屋根に塗るのを勧められ、それを行いました。見積りを立ててもらったのですが、塗装+外壁を塗るための足場代などを入れて大体100万強かかるということでした。足場を立て、メッシュを張り、埼玉で外壁塗装を頼むとここからしてはきっと塗装を行う前に高圧洗浄で家を丸洗いしていました。そして壁には亀裂がはいっていたみたいなのでその亀裂をボンドみたいなもので埋めていました。昔の塗装を見たことがあるのですが、スプレーか何かで吹くのかなと思っていたのですが、尼崎の胃カメラ検査で評判のクリニックではとても今は周りに飛ばないように、全てはけとローラーで塗装するそうです。壁に凹凸を付けるためにへちまみたいな穴がぼこぼこ開いているローラーに白いどろっとしたものを付け、壁に塗るととげとげになるものを塗っていました。その塗装したものが乾いてから水性の塗装を行っていました。リフォームから埼玉に行くと外なので油性のものを使うと思っていたのですが、現在は周りに臭いが広がらないように大抵は水性を使うそうです。上尾で外壁塗装をこんなところではどんなにも屋上の陸屋根に使う遮熱塗料も水性のものを使ったそうです。外壁塗装が出来上がり、足場をバラシ、周りを掃除して完成しました。