和室の修理と畳替え

築20年ほどの建売住宅の和室の修理をしました。
ここでもう光触媒で外壁塗装をどこにしたっても我が家は2階建てで、1階リビングはフローリングのダイニングと4枚引き戸で仕切られた6畳の和室がある作りです。和室は、20年間の間に修繕や畳替など一切おこなっておりませんてした。さすがに畳は色変わりや擦り切れでみるも無惨な状態でした。そんなすぐにトイレつまりが西宮ではここに押し入れの襖と4枚引き戸の襖も汚れがひどかったです。またフローリングのダイニングと和室を仕切る引き戸が閉まらなくなっていました。途中まては閉まるのですが、男のは人の力でも閉めることはできませんてした。ですので、普段は引き戸を閉めることができず開けっ放しにしてありました。きっと埼玉で外壁塗装を探すにはここではその和室の様々な個所の修理をしたく、工務店さんに見積もり依頼をして見に来て頂き修理をお願いすることになりました。まずは畳替えは畳屋さんへ依頼することになり、また襖の張替えは自分で好きな襖紙を用意すれば、張り直してくださるとのことで、私がインターネットで襖紙を購入してお願いしました。そうきっと埼玉でもリフォームしてできれば一番の問題の仕切り引き戸が閉まらない件は、2階の重さが1階のリビングの引き戸の梁に荷重がかかりすぎていて、わかりやすく言うと梁がしなってしまって戸が閉まらなくなっているとのことでした。ジャッキで梁をもとに戻して補強していただき、戸もスムーズに動くように調整したところ、しっかりと閉まるようになりました。畳も襖も新しくなり、そのおすすめの外壁塗装を上尾で探すとは戸もきちんと閉まるようになり新築のときを思い出すような感じに仕上げていただきました。